Office 365の各種URL

遅くなってしまいまして申し訳ないですが、以前の投稿「祝!Office365日本リージョン」のフォローアップです。

あの投稿と平行しましてMicrosoft側にも調査をお願いしていたのですが、どうやら私の普段利用していたログインスクリプトの接続先URLが古く、そのURLを利用した場合に接続できないという事象だったとのこと。

確かに、いつの間にかTechnetなどの接続先が https://ps.outlook.com/powershell/ から https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ に変わっていました。(2014/2/19の英語版の改定からそうなっていたようですね)

ただ、個人的に素晴らしいなと思うのは、「古いURLを使っているとつなげない」という問題に対して、単純にそれをKBとして公開して終わりではなく、それを使い続けている人がどういうシナリオで使っていて(例:スクリプトに埋め込んでいる)、その人達に対してどう伝えれば効果的(例えばCommunityの上の方に固定表示させる)なのかを色々と考えてくれるのだな、と感じました。

ただ、この投稿を書いている現在は問題であったDNSレコード pod51075psh.outlook.com のDNSが登録されたようで、古いURLからも接続できるようになっているようです。何か有った場合のサポートコストを考えると、新しいのにばっさり切り替えるよりは今までの互換性を担保できるようにした方が良いとの判断でしょうね。
20150124_01

私自身、ポータルのURLが変わるという情報は blog【重要】Office 365 にサインインするためのアドレスの変更について などで見ていたので気づいていましたが、PowerShellの接続先は見落としてました。

自身のリマインダも兼ねて、接続先URLを新旧対応含めいくつか記載しますね。

  • Office365 ポータル:https://portal.office.com (旧:https://portal.microsoftonline.com)
  • Outlook Web App:http://mail.office365.comまたはhttps://outlook.office365.com/owa/contoso.com(旧:https://outlook.com/owa/contoso.com)
  • Exchange管理Shell:https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ (旧:https://ps.outlook.com/powershell/)

それぞれ、古いURLを使っていると一部挙動がおかしく(OWAからサインアウトできない)なったりすることもあるので、確かに全クライアントPCで変更するのは大変ですが、そろそろ新しいURLにブックマークやスクリプトなどは変えて行った方が良いかと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中