第5回Office365勉強会に登壇しました

本日、品川のMicrosoftで開催された第5回Office365勉強会に登壇しました。

無題

Office365のアップデートが始まったばかりということもあり、情報の正確性というよりは先行性を重視した内容としてしまったため、スライドの公開はする予定は無いのですが、何か有ったときに「そういえばそんな話も聞いたことあったな」と思い出して頂ければと思います。

公式に何か移行に関する不具合等が判明した場合は、随時 Known issues – Upgrade to Office365 にアップデートされていくと思いますので、是非ご覧頂ければと思います。

広告

ディレクトリ同期ツールでパスワード同期

Office365のディレクトリ同期ツールがバージョンアップして、パスワード同期の機能が実装されたとのことで、早速試してみました。

インストール方法は今までと基本的に変わりません。Office365のテナント側でディレクトリ同期を有効化した上で以下の手順でインストールします。

1. .NET 3.5の機能をインストールする

ディレクトリ同期ツールのインストールには、.NET Frameworks 3.5が必要になります。無い場合はエラーになります。
2.ディレクトリ同期ツールをインストールする

続いてdirsync-ja.exeを実行してセットアップします。190MB程になったので、かなりファイルサイズが大きくなりましたね。最後の画面でチェックボックスを入れ、そのまま構成ウィザードを実行します。
20130605-195611 20130605-195623 20130605-195626 20130605-202351 20130605-202356

3,構成ウィザードを実行する

ディレクトリ構成ウィザードでは、Office365の全体管理者のID/PASS、Active DirectoryのEnterprise Adminsの権限を持ったアカウントのID/PASSを指定します。
20130605-202410 20130605-202420 20130605-202457

ちなみに、6/6現在のバージョン(1.0.6385.0012)だとハイブリッド機能にバグがあるらしく、ここは有効化しない方が良いと思われます。新しく.0024のバージョンが近日中に公開されると思われます。(Exchangeが組織内にある場合のみ有効化可能です)
20130605-202513

[パスワード同期]ここの項目が新しく加わってます。[パスワード同期を有効にする]のチェックボックスをチェックしてから[次へ]をクリックします。
20130605-202529 20130605-202755 20130605-202808 20130605-202814

これでインストールは完了です。初回同期でオブジェクトが作成されると共に、パスワードの初期同期も実行されます。このため、Active Directoryのパスワードですぐログインができるようになりました。
20130605-203217 20130605-215412

さて、それでは少し細かい所を触っていきましょう。まず、MIISClientを事項するのに必要な権限がMIISAdminsからFIMSyncAdminsに変わりましたので、運用でMIISClientを触っている人は気をつけた方が良いでしょう。

また、ディレクトリ同期用のアカウントがMSOL_AD_SYNCからAAD_xxxxxxに変更されました。
20130605-203941

また、パスワード同期が有効化されていても、Office365側でもパスワードを変更することが可能です。ただし、オンプレミスのADにパスワードは同期されません。つまり、ディレクトリ同期と同様、同期の方向はAD→Office365の一方向です。
20130605-210005 20130605-210643

次に、パスワードの同期間隔です。ご存じの通り、ディレクトリ同期ツールは3時間に1度しか同期されません。さすがにパスワードの同期がそれほど長いかかると実用に耐えないということか、パスワードの同期のみ、より短時間で同期されるとMicrosoftのサイトにも記載されてます。

試しにパスワードリセットしてみると、ものの1分ほどでディレクトリ同期サーバのイベントログに変更要求とその成功が記録され、パスワードが同期されています。ちなみに、ディレクトリ同期のコンソール画面であるMIISClientには何も表示されません。
20130605-204307 20130605-204324 20130605-204722 20130605-204728

色々と試したところ、どうやら2分間隔で定期的にパスワード変更が有った場合にそれを同期させているようです。細かいところだと、2分間の間に複数回同じIDで変更が掛かった場合は最新のパスワード情報のみ同期され、また、仮パスワード(次回ログオン時に変更を要求する物)については同期されないようです。
20130605-213956

これを利用すると、管理者としてはプロビジョニングとパスワード管理の簡素化、利用者に対しても複数のパスワードを管理しなくて良いという利便性が提供できるので、手軽なソリューションとして利用できそうです。