Exchange Onlineで転送専用のエイリアスを作成する

Office365で、メールボックスは持たないけど、あるメールアドレス宛のメールを受信したい場合があります。

例えば、

  • ある商品キャンペーンの受付専用でアドレスを持ちたい
  • 問い合わせ窓口などで利用する共有のアドレスを持ちたい
  • 普段はOffice365のメールボックスは利用していないユーザーが、Office365に登録しているメールドメインのアドレスを利用したい

などの場合です。この場合、それを割り当てる先のユーザに応じて、

  • 内部の特定ユーザの場合 ⇒ そのユーザーの電子セカンダリアドレスとして追加する
  • 内部(外部を含めることも可)の複数ユーザーの場合 ⇒ 配布グループを利用する、外部のユーザーに対しては外部の連絡先に追加する

などを利用することもできますが、今回はメールユーザー(メールが有効なユーザー)を作成して、外部からのメールを受け付けて外部に転送することができるアカウントを作成してみたいと思います。

受信するアドレス:forward@example.com
ユーザー名   :forward
パスワード   :P@ssw0rd
転送するアドレス:user01@contoso.com

メールユーザーの作成は、PowerShellからのみ実施することができます。

$LiveCred = Get-Credential (管理者IDとパスワードを入力)
$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ -Credential $LiveCred -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session

として、Exchange Onlineに接続して以下のコマンドを実行します。

New-MailUser -Name forward -MicrosoftOnlineServicesID forward@example.com -Password (ConvertTo-SecureString -String 'P@ssw0rd' -AsPlainText -Force) -ExternalEmailAddress user01@contoso.com

これで、forward@example.com宛に来たメールはuser01@contoso.comに転送されるようになります。

更に、管理者が、Office365ポータルからforward@example.comにサブスクリプションを与えれば、今回指定したID/PASSを利用してSharePoint Onlineに接続することができるようになります。

残念ながら、ポータルで作成した既存のメールボックスが有効で無いユーザの外部メールを有効化するという-UseExistingMicrosoftOnlineServicesIDというコマンドのオプションは現在実装されていないようですので、上記のような利用法をされたいユーザはポータルからではなく、Exchange Online側から作成をする必要があるようです。

また、1点注意事項ですが、今回のメールユーザーでは、外部のアドレス(今回の場合はuser01@contoso.com)を受信可能なアドレスであるProxyAddressesとして保持をしますので、他のキャンペーンのアドレス、例えばcampaign@example.comのアドレスもuser01@contoso.comに転送を行いたいという場合は、新たにメールユーザを作成するのではなく、既存のメールユーザーに内部アドレスを追加するというオペレーションになります。以下、コマンド例です。

Set-MailUser -Identity forward -EmailAddresses "SMTP:user01@contoso.com","smtp:forward@example.com","smtp:campaign@example.com"

(参考)メール ユーザーの作成
http://technet.microsoft.com/ja-jp/exchangelabshelp/dd207277

広告