新しいOffice 365 ProPlusを移行前のE3で使う

Office365のE3などを利用しているユーザーは、最新のOfficeがサブスクリプションで利用できます。ただし、現在アップデートがまだ行われていないテナントでは新しいOfficeを利用できません。

今回は、少しでも早く利用を開始したい方の為に、アップグレード前のE3テナントで新しいOffice(2013ベース)を利用できる方法を紹介します。

※本投稿による手順は、あくまで検証に基づく物でありMicrosoftによって正式にサポートされていない可能性が有ります。実施は自己責任で実行をお願いします。

まず、アップグレード前のテナントではOfficeのダウンロードリンクが表示されていません。アップグレード後のテナントからURLを直接抜いてくるのもスマートでは無いので、公開されている情報であるOffice Deployment Tool for Click-to-Runから利用したいと思います。

詳細は以前の記事を参照して頂ければと思いますが、setup.exeとconfiguration.xmlを取り出し、以下の様にxmlファイルを作成し、/downloadでイメージをダウンロードした後、/configureで各クライアントに展開します。

<Configuration>
  <Add SourcePath="\\w15ad01\share\" OfficeClientEdition="32" >
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>
  <Updates Enabled="TRUE" />
  <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />
  <Logging Name="OfficeSetup.txt" Path="%temp%" />
  <Property Name="AUTOACTIVATE" Value="1" />
</Configuration>

例えば、上記の場合は、/downloadを付けて実行するとイメージがw15ad01上の共有フォルダshareに最新の32bit版がダウンロードされます。

続いて、/configureスイッチを付けて実行すると、クライアントでインストールが実行されます。
c:\>\\w15ad01\share\setup.exe /configure \\w15ad01\share\configuration.xml
20130416_01

すると、スタートメニューに2013ベースの新しいOffice ProPlusがインストールされます。
20130416_02

何かのアプリケーション(例えばWord)を立ち上げると、Officeのライセンス認証を求められますので、ここでおもむろに既存E3テナントのメールアドレス(ID)、パスワードを入力します。
20130416_03 20130416_04

すると、アップグレード前のテナントでも認証され、新しいProPlusが利用できます。
20130416_05 20130416_06 20130416_07

ちなみに、このやり方の場合、Office2013自体が認証機能を持っているため、別途サインインアシスタントのインストールは必要ありません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中