次期Office365にExchange管理コンソールから接続

あまりアナウンスはされていませんが、現行のOffice365のExchange Onlineは、オンプレミス用のExchange 2010の管理コンソール(EMC)から接続して(オンプレミスにExchange Serverが無い場合でも)管理を行うことができます。
20130129_01

これは、Exchangeコントロールパネル(ECP)からは設定できないような詳細な設定だが、PowerShellで設定しないといけないというのは敷居が高いと感じる方などにとっては良い手段になっておりました。

Office 365体験記 – フィルター、アーカイブ…、Exchange Onlineの管理

現在プレビュー中の次期Office365は、Exchange2013をベースとして動作しています。そして、Exchange2013からはExchangeの管理インターフェイスは、現在のECPをベースとした「Exchange管理センター(EAC)」と従来からの「Exchange管理シェル(EMS)」のみになり、EMCは提供されなくなりました。

試しに、オンプレミスのExchange2010のEMCからアクセスしようとしてみても、接続に失敗してしまいます。また、従来の移行時の設計思想からすると、新旧バージョンの混在の場合「メールボックス移行前のユーザー→旧バージョンの管理ツール」「メールボックス移行後のユーザー→新バージョンの管理ツール」という形での管理になっていましたので、おそらくExchange2010のEMCからExchange2013は管理できないと思った方が良いかもしれません。
20130129_02

とはいえ、次期のExchange管理センターは意外と良い出来で、ECPをベースとしながらも多くの設定をWebベースでできるようにし、利用度の低いコマンドをそぎ落とし、シンプルで分かりやすい構成になっていると思います。今まではECPからは設定できず、PowerShell(EMS)からしか設定出来なかった項目の多くがWeb上から設定できるようになりました。
20130129_03

という訳で、今Exchange管理コンソールを利用されている方は、バージョンアップ後に新しいインターフェイスに頑張って慣れて貰うか、PowerShell(EMS)は変わらないので今のうちからそちらに習熟しておくか…どちらかがよろしいのではないでしょうか。

次期Office365は現在プレビュー中です。GAが待ち遠しいですね。

広告

次期Office365にExchange管理コンソールから接続」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 先週の Office365情報 2013/02/04 | 先週のOffice365 | Office365Room

  2. ピンバック: EMCからOffice365への接続(Exchange 2010 SP3) « 日々徒然

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中