Exchangeの一部設定は定期的に見直しましょう

※2013.1追記 Office365のUpgradeプロセス見直しにより、各テナントのパラメータが保持されるようになったようです。よって、以下の問題は発生しないものと思われます。

Office365は、Exchange2010をベースとして開発されておりますが、クラウドサービス向けにデフォルトの設定値とは少しパラメータを変更して提供されております。

ところが、クラウドサービスの性質上、定期的にバージョンアップや仕様変更(例えば、メールボックス容量の増加)などを実装する場合があり、この際にExchangeデフォルト値→Office365デフォルト値に変更をするというスクリプトが実行されています(サーバの設定値がソフトウェアデフォルトに戻ってしまわないようにだと思われますが、)。

通常であればあまり問題は無いのですが、ユーザー側でも設定変更が可能なパラメーターが少数ながら存在し、その値をユーザーサイドでカスタマイズして利用している場合は、定期的に変更していないか確認をして設定変更する必要があります。

私の確認した範囲で、上書きされる可能性の有るパラメータは以下2コマンドの3パラメータです。

Set-RemoteDomain AutoForwardEnabled True
AutoReplyEnabled True
Set-OrganizationConfig MailTipsLargeAudienceThreshold 25

特に、前者はセキュリティ上の理由で外部転送を拒否していると思われますので、定期的に確認をして設定が戻っていないかを調査するのが望ましいと思われます。

なお、この変更は私のテナントだと2011/8、2011/11、2012/6の3回実施されております。実施されたかどうか、どういったコマンドが実行されたかは管理者監査ログを取得することにより、確認をすることができます。通常は利用することができない Administrator w3wp などの特権アカウントでメンテナンスは実行されますので、それと合わせることにより確認がしやすいかと思います。

実行されている詳細なコマンドは以下の通りです。

Set-OrganizationFlags 影響なし
Set-TenantObjectVersion 影響なし
Set-PerimeterConfig DomainController “” 影響なし
Identity apcprd03.prod.outlook.com
/Microsoft Exchange Hosted
Organizations/contoso.onmicrosoft.com
EhfConfigSyncEnabled True
RouteOutboundViaEhfEnabled True
SyncToHotmailEnabled False
EhfAdminAccountSyncEnabled False
HygieneSuite Standard
Set-TransportConfig DomainController “” 影響なし
Identity contoso.onmicrosoft.com
UseServicePlanAsCounterInstanceName True
OrganizationFederatedMailbox FederatedEmail.xxxxxx
@contoso.onmicrosoft.com
SupervisionTags Reject;Allow
Set-MailboxPlan DomainController “” 影響なし
Identity apcprd03.prod.outlook.com/
Microsoft Exchange Hosted
Organizations/contoso.onmicrosoft.com
/Default-xxxxx
QueryBaseDNRestrictionEnabled False
RecipientLimits 500
MaxSendSize 35 MB (36,700,160 bytes)
MaxReceiveSize 36 MB (37,748,736 bytes)
ResetPasswordOnNextLogon False
SingleItemRecoveryEnabled True
EwsEnabled True
ActiveSyncEnabled True
MAPIEnabled True
MAPIBlockOutlookNonCachedMode True
HiddenFromAddressListsEnabled False
UseDatabaseRetentionDefaults False
RecoverableItemsQuota 30 GB (32,212,254,720 bytes)
RecoverableItemsWarningQuota 20 GB (21,474,836,480 bytes)
Set-CASMailboxPlan 影響なし
Set-RemoteDomain Identity contoso.onmicrosoft.com 影響あり
AutoForwardEnabled True
AutoReplyEnabled True
Set-OrganizationConfig DomainController “” 影響あり
Identity contoso.onmicrosoft.com
MailTipsGroupMetricsEnabled True
MailTipsMailboxSourcedTipsEnabled True
MailTipsAllTipsEnabled True
MailTipsLargeAudienceThreshold 25
Set-Mailbox Identity apcprd03.prod.outlook.com
/Microsoft Exchange Hosted
Organizations/contoso.
onmicrosoft.com/FederatedEmail.xxxxx
影響なし
SCLQuarantineEnabled False
Force True
Arbitration True
ProhibitSendQuota 10 GB (10,737,418,240 bytes)
RecoverableItemsQuota 30 GB (32,212,254,720 bytes)
SCLDeleteEnabled False
UseDatabaseQuotaDefaults False
SCLRejectEnabled False
DisplayName Microsoft Exchange
RecoverableItemsWarningQuota 20 GB (21,474,836,480 bytes)
IssueWarningQuota 9 GB (9,663,676,416 bytes)
ProhibitSendReceiveQuota 10 GB (10,737,418,240 bytes)
HiddenFromAddressListsEnabled True
SCLJunkEnabled False
New-ApprovalApplication 影響なし
New-ApprovalApplicationContainer 影響なし
install-Container 影響なし
Install-ActiveSyncDeviceClassContainer 影響なし
Set-MServSyncConfigFlags 影響なし
Set-Organization 影響なし
Install-FederationContainer 影響なし
New-MicrosoftExchangeRecipient 影響なし
Install-InternetMessageFormat 影響なし
Install-GlobalSettingsContainer 影響なし
Install-EmailAddressPolicy 影響なし
install-PerimeterConfigContainer 影響なし
install-TransportConfigContainer 影響なし
Install-GlobalAddressLists 影響なし
Set-ManagementSiteLink 影響なし
広告

Exchangeの一部設定は定期的に見直しましょう」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Office365バージョンアップで実行されるコマンドと注意点 | 日々徒然

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中