期間限定訴訟ホールドをPowerShellから設定

期間限定訴訟ホールドとは、単一アイテムの回復期限(各メールボックスの削除済みアイテムを復活できる期間:デフォルト14日)を延長することにより、特定のメールボックスにおいて一定期間情報を保全する機能です。

こちらの期限の延長は、30日までであれば通常のExchange Onlineプラン1などでも実施することはできたのですが、利用しようと思うと従来は都度サービスリクエスト(SR)を上げて設定して貰う必要があり、かつメールボックス単位で設定を入れる必要があるので、全メールボックスで期間を30日にするなどの処理は非常に大変でした。

今年に入ってからのサービスの改善で、30日以内の変更であれば、この処理をPowerShellから管理者が実行できるようになりました。コマンドは、PowerShellでExchange Onlineに接続した後に、

 Set-Mailbox -Identity [対象] -RetainDeletedItemsFor [保存期間]

です。例によって、-Identityは省略不可です。また、保存期間は DD.HH:MM:SS形式(例えば30日は30.00:00:00)ですが、省略してDDのみ(30とだけ入力すれば30日と解釈)でも可能です。また、この-RetainDeletedItemsForはTab補完ができませんが、パラメーターとしては存在するので頑張って入力しましょう。

また、31日以上にする場合は、Exchange Onlineのプラン2以上のライセンスが必要になり、かつコマンドからも設定はできませんので、従来通りSRを上げて対応しましょう。

こちらは、特に追加費用無く設定することができますので、標準でデプロイする際に設定しても損は無いかもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中