Exchange OnlineへのSP2適用

昨年末から6ヶ月間かけて展開が計画されていたExchange Onlineサービスですが、概ねゴールデンウィーク前後に終了したようです。(OWAの接続先がsin,hknではなくsix,hkxで始まるサイト名になっていることで確認ができます。)

大々的には出してはいませんが、この更新によってSP1ベースがSP2ベースに変わっているようです。これに伴い、一部挙動が変更されている機能がありますので紹介します。

  1. メールボックスの自動マッピング機能の制御が可能に
    • 従来は、Outlookから接続した場合、Full Controlアクセス権限を有する全てのメールボックスに対しても自動的に接続されておりました。多くのメールボックスにFull Control権限を持つユーザの場合、処理に時間が掛かることがありましたが、Add-MailboxPermissionコマンドレットに新しく追加されたAutoMappingオプションによりこれを制御することができるようになりました。
  2. 訴訟ホールド対象のメールボックスに対する操作の扱いが変更に
    • 訴訟ホールドが有効化されているメールボックスは、普通の操作では無効化/削除ができなくなりました。これを回避するには、事前に訴訟ホールドを無効化するか、Remove-Mailboxコマンドレットなどに追加されたIgnoreLegalHoldオプションを利用する必要があります。

フューチャーフォンからのアクセスが可能になるOWA mini(OwaMailboxPolicy上は一応有効化されてますけど)とかGAL分割とかに活用できそうなアドレス帳ポリシーとかは残念ながら提供されていないのですかね。

Exchange 2010 SP2 の新機能

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中