Exchange Online送信時のアドレス表記について

Exchange Onlineでは、Fromのメールアドレスが 表示名 <username@domain.name> の形式でアドレスが表示され、これを自由に変更することはできません。(※SMTP接続で送信している場合のみ、メーラーで設定された形式で表示されます。)

グローバルに展開する企業など、Fromに日本語の文字が混じってしまうことを好ましく思われない場合もございますので、今回はこれをカスタマイズする方法を紹介します。

Exchangeには、マルチバイトが格納可能な表示名(DisplayName)の他に、ASCII文字しか入力できない簡易表示名(SimpleDisplayName)という領域が用意されています。ここに適切な値を入力し、外部送出時にこの値をセットするように設定することで、要件を満たすことができます。

こちらの処理は、GUIでは用意されていませんので、PowerShellから実施する必要があります。Exchange Onlineに接続後にSet-UserコマンドとSet-RemoteDomainコマンドで設定を行ないます。今回は、以下の条件を設定してみます。

  1. admin(表示名は管理者)に「administrator」という簡易表示名を設定する
  2. 外部の全ドメインに送信する際に簡易表示名を利用する
Set-User admin -SimpleDisplayName administrator
Set-RemoteDomain default -UseSimpleDisplayName $true

以前は 管理者 <admin@xxxx.onmicrosoft.com> と表示されていた物が、無事 administrator <admin@xxxxx.onmicrosoft.com> と表示されるようになりました。

ちなみに、この設定の影響を受けるのは外部への配信のみになりますので、内部での配送は今までどおりの 表示名 <username@domain.name>  の形式で行なわれます。

広告

Exchange Online送信時のアドレス表記について」への1件のフィードバック

  1. 素晴らしいですね!!
    グロバール展開する会社ではいい方法だと思いますw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中