Lync Online構成用のDNSレコードの変更

Lync Onlineのバージョンアップに伴い、独自ドメイン環境でOffice365を利用する場合に利用するDNSレコードが変更になったようです。

管理者メニューのドメインの所から参照すると、現在以下の様な感じになっています。

SRVレコードで_SIPというサービス名が必要だったのが無くなり、代わりにCNAMEレコードを利用した記載に変わっていますね。

あと、lyncdiscoverというCNAMEレコードが加わってます。こちらはLyncMobileへの対応用でしょうか。

ちなみに、プランPでDNSをMicrosoftにホスティングされている方(通常はこちらのパターンだと思います)については、自動的に切り替わっていますので心配されることはございません。

特に表立ってレコード変更をかけてくれというアナウンスは無かったので、何もDNSいじっていなかったのですが、問題は発生していません。気になったので、Lyncクライアント側での動作をパケットキャプチャして見てみることにします。

どうやら、先にSRVレコードで_sipのサービス名を引きに行き、それが無かった場合にsip.[domain name]のレコードをクエリしている様です。
※その他、sipinternalというレコードも見ているようです。

確かに、インターネットに接続している外部向けDNSでSRVレコードを利用するというのはあまり聞きませんし、対応しているDNSホスティングサービスも非常に少数なので、サービスとしては良い方向性に向かっているのだと思います。現状のユーザーへの影響度も少なくなるように考慮はされているのでしょう。

ユーザ側の立場からしてみるとどんどんバージョンが上がって良い物になっていくというのはクラウドサービスの良いところではありますが、システム管理者やSIerの立場からすると、その内容やタイミング含め自分の制御下で実施出来ないということは煩わしさも感じてしまう面も存在します。

いずれこなれてきて、こういった類の情報のクラウド事業者→利用者への伝達手段も洗練されたものになってくると良いですね。

広告

Lync Online構成用のDNSレコードの変更」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Lync Online構成のDNSレコード(再変更?) « 日々徒然

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中