ADFSをSSLオフロード環境で利用する

AD FSですが、MSの提供しているAD FS 2.0 Capacity Planning Spreadsheetなどを参考にサイジングしてみると、比較的とCPU食わなそうに見えるのですが、実際に動作を見てみると意外に新規トランザクション数が伸びない印象を受けます。

ということで、少しでも負荷を軽減できるようにSSLのオフロード(LBでSSLを終端)をするときの処理を考えてみます。本当はiRulesまで作ろうかと思ったのですが、まだ需要が無かったのでとりあえずサーバ側のみで。

Office365のようなパッシブフェデレーションの場合、https://sts.example.com/adfs/ls…などにリダイレクトされます。AD FSサーバのIISを見てみると同じフォルダツリーの中に入っているので、そのままでも動くかなと思い、とりあえず以前の投稿で書いた無理矢理SSO用のurlをhttps⇒httpに変更してアクセスを試みます。

403エラーが表示されます。何となくIISの設定のみで行けそうなので、サーバマネージャのIISを開き、ADFSの実態で有る/adfs/lsの[SSL設定]を開いて確認してみると、[SSLが必要]にチェックボックスが入っています。

このチェックを外して再度アクセスを試みると、無事アクセスできました。

あと、SSLオフロードをする際は、代理で接続に来るLBなりの仕様に応じて(おそらく対応してないでしょうが)IIS側でWindows認証の拡張保護を無効化する必要があるかもしれません。(この辺を参考に)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中