Office365の接続確認ツール(RCA)

Exchange Remote Connectivity Analyzer(ExRCA)の名前で提供されていたExchangeの接続確認ツールが、バージョンアップしてOffice365に対応しました。

機能追加になったのは、【Microsoft Single Sign-On(BETA)】になります。これによりAD FS環境での外部からの接続確認(要AD FS Proxyです)が実施できます。

IDとパスワードの他、了解事項のチェックボックスと認証用の文字列を入力します。認証文字は大文字小文字は区別しませんが、間違えるとパスワード欄がクリアされてしまって再入力になりますので、UだかVだか分からないとか微妙な文字列だった場合は認証コードの上側のボタンを押して文字列を再生成しましょう。

ちなみに、前に紹介したCOMODOのフリー証明書は、Windows Updateしていないコンピュータだと、ルートCAが信頼済みの証明書ルートに含まれないと警告が表示されますが、動作に問題はありません。

他にも、ActiveSyncやOutlookなどは、クラウドIDでも、AD FS Proxy経由となるフェデレーションIDでも接続確認が可能です。また、受信SMTP電子メールでは実際にメールの送信の試行を行い、MXレコードが正しく構成されているか、メールサーバへのメールの受信ドメインとして受け入れられるかを試験できます。ただし、以下は注意する必要があります。

  • テストの送信元となるIPアドレスは逆引きができないアドレスで、弾かれる可能性があります(65.55.150.160など)
  • MXレコードの応答がCNAMEレコード(Exchangeをはじめ、配送できないMTAが多い)でも試験が成功する
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中