Office365にAD FSを利用して何とかシングルサインオンしてみる

Office365は、ADFSを利用すると、シングルサインオンにログインができます。

というのも、通常はログイン画面でログオンIDを手動で入力して、出てくるリンクをクリックするという手間が発生するからです。(ログオンIDは前回入力した値が保存できるので、毎回毎回入れなくても大丈夫ですが)

最初にポータル画面にアクセスすると、まず以下のような画面になります。Microsoft Online Service IDの欄に、AD FSで設定した普段利用しているActive Directoryのログイン名(user@domain形式)を入力します。

入力が終わると下のパスワード入力欄がグレーアウトし、新たに現れる「xxxxxにサインインする」というリンクをクリックすることにより、(4回くらいのリダイレクトを経て)Office365にログインされます。

これは、Office365のログインサイトは各ユーザ共通であり、ここのフォームでパスワードも入れて入力するアドレス(クラウドID)か、パスワードはOffice365側では持っておらずAD FSサーバにリダイレクトして認証処理を行うアドレスか(フェデレーションID)が最初の時点では判断が付かないからというのが原因です。

ここの@以下の値(realm)をポータル側でチェックして、フェデレーションドメインだった場合はリンクを出す処理をしています。

リンクをクリックした後のアクセスの流れですが、かなり端折って話をすると①Office365 ⇒ ②AD FS ⇒ ③Office365の順にアクセスをすることになります。が、前の記事にも書きましたが、ここで入力したメールアドレスは②の認証では実は利用されていません。

よって、①でログインIDを入力してサインインするをクリックするという工程は、実は省略しても良いのでは?と邪推してしまいます。という訳で早速実験してみましょう。「xxxxxにサインインする」のリンクをクリックして飛ぶurlを取得します。

https://sts.example.com/adfs/ls/cbcxt=out&vv=&username=hoge@example.com&mkt=&…

どうやら、入力したユーザ名や戻り先のサイトの情報を一緒に付けて送ってきているようです。urlエンコードしているみたいですが、%2526などのように二重でurlエンコードされている物も有りそうです。

とりあえずこれをデコードしつつ整理します。その後、1つ1つ省略してアクセスできるかどうかを試してみました。

結構省略できそうです。結果的に、以下のurlに社内のポータルサイトからリンクを張ってアクセスすることにより、シングルサインオン環境が実現できました。(無理無理感は有りますが…)

https://sts.example.com/adfs/ls/?wa=wsignin1.0&wtrealm=urn:federation:MicrosoftOnline&wctx=wreply%3Dhttps:%252F%252Fportal.microsoftonline.com

※AD FSサーバのアドレス(上記の例だとsts.example.com)がイントラネットサイトとして認識されている必要がありますので、必要に応じてIEのゾーンの設定をする必要があります。

※手元の環境だと、これを使ってログインした後にOWAを表示させると画面表示が崩れるという事象が発生することがありましたが、その場合は「Office デスクトップ アプリケーションのセットアップと構成」を実行することにより正常な状態に戻りました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中